「こんなハズじゃなかった!」キミの「肩身の狭い」思いが未来を激変させる。


「こんなハズじゃなかった!」キミの肩身の狭い思いが未来を創造する。

~ブログを不定期でススッと連載してみることにしました。~
 
なんだこのタイトル?を思っている方、
そうです。なんだか変なタイトルですよね。
でも 「こんなはずじゃなかった」って
私がよく口にしてそして
「肩身が狭い思い」は繰り返し感じて事なんですよ。
一見、悲劇的でなんかなんか悲壮感がでてますが、
この「肩身が狭い思い」を繰り返したらこそ
こうやって、自分らしい生き方ができたんじゃないかと思います。
これから不定期ですが、ブログその「肩身の狭い思い」を
コンテンツとして掲載しますので、
「マジかよ!」とか「そんな馬鹿な!」
とかツッコミを入れて楽しみながら読んでください。 
コメントも大歓迎です。本音で書くコンテンツですから
読者が居るんだなと思うと小躍りしてしまう位、嬉しいです。
よろしくお願いします。
 
□ 「こんなハズじゃなかった!」キミの肩身の狭い思いが未来を創造する。
○ 福嶋尊のプロフィール 
整骨院経営/朝活(著者の勉強会主催者)/ラジオパーソナリティー/放送作家/講師
学生の時より、人生がうまくいかず失敗したとき、
未知の世界や、初めての場所に身を置きと、なんとなく居心地が悪い経験が、
後々の人生に多大な影響を及ぼすことに気がつき、
意図的に「肩身の狭い」思いをすることで、
人生を好転させてきた経験を持つ。
現在、整骨院を経営しているが、開業当初は、1日に20人の治療で
、休憩が取れないほど超多忙であったが、
ライバル院が急増により3年目から患者数は激減、
「こんなハズじゃなかった!」と失意のなか
3人のスタッフまでも去っていき、
独りぼっちになるという「肩身が狭い」思いをする。
この独りぼっちの経験が整骨院のマーケティングを冷静にさせ、ベット数を5つから2に減らし、
たった一人で診療するという初めての領域へ突入し、
患者さん一人ひとりを『て・い・ね・い』に治療する整骨院に転換した。
とたんに、「治療後の生活習慣もカウンセリングするていねいな整骨院」として
口コミが広がり開業して13年間で2万人以上を診る。
プロゴルファー、プロ野球選手、プロ格闘家、映画監督、日本アカデミー賞俳優、
レコード大賞シンガーなどが通院するまでに成長した。
この経験を活かし、意図的に「肩身の狭い」思いができる新しい活動を増やした。
朝活の主催を2011年に開始し、一流講師を紹介だけで7年間、登壇させる事に成功、
他薦において、ラジオパーソナリティーという未知の領域をも開始し、3年経過。
どの活動も初めた頃は失敗ばかりであった。
しかし、はじめての経験という「肩身の狭い思い」を繰り返す事で、
自らの変化(肩身の狭い)を促すことで、成長しながら継続ができている。
活動は課外活動にもおよび、
著者の集まりの秘密のランチ会・密会を主催し継続していくと
主催者にもかかわらず自分だけのコンテンツが無いということを
ハタッと気づき、またまた「肩身の狭い」思いをした。
再度冷静にマーケティングを行い、なおかつ著者仲間から、
的確なアドバイスを得ることでき、
福嶋だけにしかできない「肩身の狭い」思いオリジナルコンテンツを構築する。
現在は、整骨院経営の傍ら「肩身が狭い思い」とは
「自分の世界観を創造するきっかけとなる!」と
ラジオ、ブログなどでオリジナルコンテンツとして展開している。
*SNSの申請は大歓迎です。
○音声アーカイブ
○himarayaFM 「福嶋尊」で検索
*パーソナリティー・MC・その他の依頼も
お気軽にご相談して下さい。